見えないからわかる、見えないほど見える

情報量の80%を司るといわれている「視覚」をあえて閉じる。残された感覚を使って被介護者を感じたり知ったりすることによって、新たな発見をし、被介護者への理解を深めることを目指します。体験者の視覚を閉じる方法の工夫は、試行錯誤をともない、クリエイターの助けも借りて、新しい表現法とツールにもつながりそうです。

企画ができるまでのアドバイス

12月◉違和感を生み出すことが、この活動の広がりをつくっていくことにつながるのではないか。視覚だけでなく、他の感覚や空間なども検討してみては。(studio-L)

チームの歴史

Member

荒山浩子(介護福祉士)、飯田敦子(介護福祉士)、水口誠(介護福祉士)、高橋 朗(作業療法士)、山西伴幸(理学療法士)、上野邦靖(ケアディレクター)、吉田花蓮(保育士)、中野朋和(介護福祉士)、大倉清美(介護支援専門員)+ gift_(デザイン事務所・ギャラリーショップ)

28 / 67

4つのカテゴリーから
デザインを探す

人生について考える

啓発のデザイン

工夫次第で気軽に
取り組める企画が多くあります。

このカテゴリーのデザインをみる

人生をともに楽しむ

お互いさまのデザイン

世の中の垣根を取り払い、可能性を広げるための
楽しく挑戦的な企画が揃っています。

このカテゴリーのデザインをみる

人生を謳歌する

介護予防のデザイン

人とのつながりをつくり、
外出機会を増やす企画が多いのが特徴です。

このカテゴリーのデザインをみる

人生を支える

働く人を応援するデザイン

誰もが憧れる職場づくりをしたい人に
ぜひ見てほしい企画が並んでいます。

このカテゴリーのデザインをみる

ここに掲載されている67の企画(アイデアとデザイン)については、「これからの介護・福祉の仕事を考えるデザインスクール」および 「おいおい老い展」で創出されたものであることを明らかにした上で、世間に流布している介護・福祉のイメージが変わり、介護・福祉の仕事が憧れの職業となることを目指すという志を理解し、公序良俗に反しないことを条件として活用いただくことができます。(活用に関してはお問い合わせ下さい)

地域と福祉のデザイン室

これからの地域と福祉のあり方について考えるデザイン室です。
地域と福祉に関するデザインの相談窓口であり、情報、ライブラリーもありますので、どなたでもお気軽にお立ち寄りください。

OPEN 毎週 水・木・土 11:00〜18:00
住所 101-0021
東京都千代田区外神田6-11-14
3331 Arts Chiyoda 103
Google Mapsでみる

報道機関・メディアの方へ

「介護・福祉のこれからプロジェクト」への取材やプレスキットはこちら

詳細をみる